佐賀の柚子山へ!

先日、仙台の伊達家御用蔵 勝山酒造株式会社の伊澤治平社長と一緒に佐賀県の柚子山に行きました。

実は、約420年前に豊臣秀吉の挑戦出兵の折、伊達政宗公は佐賀 鍋島藩を訪れていました。この事実は伊達家十八代当主に直接確認して判明した事実です!!

何と、約420年ぶりに伊達家ゆかりの人物が佐賀 鍋島藩を訪れたというわけです!!

その模様をNHKに丸一日密着取材していただきました!

もともと棚田だった場所に柚子の木を植え、自然栽培で育てた元気な柚子を栽培しているのは川原食品株式会社さんです。肥料も与えない過酷な環境で育つ柚子はとても元気で、味も香りも強い。

実はこの柚子を使って復興支援のコラボ商品を開発しました。もともと、仙台の伊達政宗公の時代には、「花果実酒」を楽しんでいました。

勝山酒造の伊澤社長から、被災したお酒を利用して、プレミアムな果実酒を造りたいとの申し出がありました。そこで、弊社のネットワークで素晴らしい柚子を栽培されている川原食品をご紹介したというわけです。

結果は私の狙い通り。とんでもない「柚子酒」が出来上がりました!!

柚子山訪問の様子は、下の写真でご覧下さい。

 

今年は試験的な取組みでしたが、来年には本格的な「柚子酒」を造ります。

プレミアムな作り手同士のマッチングは、

素敵な化学変化が必ず起きます!!


What's New